[週末の深夜に稼ぐ]運転免許があれば気軽にできる運転代行!

  • 2018年04月16日 13:40

みなさんは「運転代行」というお仕事をご存知でしょうか。
2人1組で車に乗って依頼者の元に行き、依頼者の車を運転して移動や帰宅のお手伝いをするお仕事です。
普通の第一種運転免許さえ持っていれば、誰でも始められる気軽なお仕事ですので、サラリーマンの副業としてはかなり人気のアルバイトといってよいでしょう。

第二種運転免許を持っていれば時給がUP

運転代行は第一種運転免許があればとりあえず始められますが、本気でお小遣い稼ぎをするなら、客車(依頼者の車)を運転できるようになる第二種運転免許の取得をおすすめします。
なぜなら客車を運転できるドライバーには、より高い時給が用意されているからです。

まず第一種運転免許を持っているドライバーの時給相場は、1,000円程度が一般的ですが、第二種運転免許を持っているドライバーなら1,500円程度が用意されています。
この500円の差はかなり大きく、1勤務毎の収入に3,000円以上の差が生まれるるのです。
ある程度長く続けるつもりがあるのなら、最初に出費をしてでも第二種運転免許の取得をおすすめします。

週末に働くだけで月4万以上稼げる

運転代行のお仕事は夜がコアタイムです。
大体夜の20時から、明け方5時くらいまでが業務時間となります。
翌日会社がある日に働くことは難しいと思いますが、金曜日か土曜日の夜だけ働けば、本業に支障が出ることはありません。

1,500円×7時間×月4回の勤務で、42,000円の収入になります。
副収入としては立派なものではないでしょうか。
また週に1日ではなく、金、土の2日間しっかり働けば、8万円を超える副収入を手にすることが可能です。
これだけ稼ぐことができれば、しっかり貯金した上で、日々の生活に潤いを持たせることもできるでしょう。

寝不足による眠気に注意

運転代行は誰でもできる気軽な副業ですが、多少注意すべき点も存在します。
まず1つ目は、寝不足になることは避けられないという点です。
依頼が入るまで仮眠をとって時間を潰すことは可能ですが、深夜に働く関係上、必ず寝不足になります。
2つ目は見ず知らずの他人の車を運転しなければいけない点です。

お客さんの車で事故を起こすわけにはいかないので、普段よりも注意して運転しなけばいけません。
また非常に運転しにくい車種や、目が飛び出るような金額の高級車を運転する可能性もあります。

最後は酔っ払いの相手をしなければいけないことです。
酔った人の相手が苦手な場合は、かなりストレスを溜めることになります。
お客さんに悪気はなくとも、酔っ払った人は絡んでくることが非常に多いです。